優良な不用品回収業者を探すポイントを特集!

廃船する方法

専門の業者を利用する

財布

使用しなくなった船は放置しておくと罰金を取られるため、業者に買い取ってもらうか、廃船処理をする必要があります。一般的に廃船処理をする時には専門の業者を利用する事になり、業者に依頼することで最後まで責任を持って処分してもらえます。業者は船の販売店に相談したり、インターネットで検索して、評判の良い業者を探すことがポイントになります。船を処分するときの費用は船のタイプや形状、長さによって変わりますが、9メートル程度のボートであれば運搬費用も合わせて20万円程度で済みます。廃船処理をするときの費用を抑えるポイントは、船を解体するときの設備が整った業者に依頼することです。業者によって船を陸揚げする設備を持っていたり、運送用のトラックを持っているため、そういった業者を利用することで割安に廃船処理する事ができます。また業者によっては船に使われている金属部分や、使えそうなパーツの買取を行っているため、そのような業者を利用することで廃船処理の費用を抑えられます。小型のボートに多いFRPの船は廃船処理が難しいため、FRPの船を専門に解体している業者を利用しましょう。廃船処理に手間のかかるFRPの船を、集中的に収集して解体を行っている業者に依頼することで、通常よりも割安で廃船処理を行えます。業者は廃船処理する費用を抑えるために効率的なルートで船を回収しているため、船を処分したい場合には、早めに受付を行って船を回収してもらいましょう。

自己責任で適切な処理を

作業員

小型船舶免許の取得が、一般の市民の間でも広まり、趣味として小型クルージング船を楽しむ人も増えている。また小さな小型の漁船を中古で購入し、釣りのために仲間数人と所有することも多いと聞く。そこで今問題となっているのが、港に放置されている所有者不明の船舶なのだ。若い頃は趣味にかけるお金も自由で、こうした船にもお金を費やすことが出来ても、家庭を持ち、子どもにお金がかかるようになるとそうはいかない。友人たち5人で所有していたものが、一人減り、二人減りといった状態になると、負担も重くのしかかってくる。実は廃船処理にかかる費用が数十万という話もあり、それらを払うことが出来ないために放置してあることも多いのだ。しかしこういった船舶は、津波の際に甚大な被害を与えることも多く、また漁業を生業としている人たちの迷惑になっていることも事実なのである。そこで廃船処理にかかる費用をもっと減らし、違法に放置されている船舶の問題を片付けたいという動きが広まりつつある。例えば、エンジンがついたままの船であれば、買取も可能であったり、船に使用されている金属部分をリサイクルに回すこともできるのである。廃船処理には費用が掛かると思い込んでいる人も多いが、業者によってはお金が戻ってくる場合もあるということだ。たとえエンジンがついていない場合でも、リサイクルできる部分があるかどうかによっても廃船処理の金額は変わってくる。廃船処理=高額という思い込みはやめて、一度見積もりを取ってみることをおすすめしたい。

廃船を処理する方法

船

廃船とは、長期間の使用によって劣化したり、故障したりして使用することができなくなった船舶のことを指します。廃船を港などの共有地にそのまま放置していた場合、数百万円の罰金を科せられることもあるので注意しなければなりません。「廃船処理にはお金がかかる」というイメージを抱いている人もいるかと思いますが、そんなことはありません。廃船処理専門の買い取り業者に依頼すれば、お金を払って廃船処理するのではなく、お金をもらって廃船処理することができます。一般的に、船舶を処分する際には、「FRPリサイクル法」による処分費用が必要です。しかしながら、船舶を商品として輸出するなどの措置をとることによって、リサイクル料金をかけずに買い取ることができます。船舶を処分をするのにはリサイクル料金がかかっても、商品として買い取る分にはリサイクル料金がかからないのです。もちろん、全ての廃船に値段つくわけではありません。どうしても値段がつかない廃船の場合、買い取りではなく処分することになります。廃船を処分する場合は、産業廃棄物として処分します。その際に、有価物(経済上で価値が認められた有体物)を取り出して売却することによって、売り主は売却金を受け取ることができます。廃船処理というのはとても複雑な作業なので、業者に一任した方が楽です。廃船処理専門の業者はたくさんあるので、興味があるという人は、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。